えびの真幸米ヒノヒカリを超える?えびの産EM米ヒノヒカリ の工夫~①土壌(改良)

 10月14日、いつもの通り、尾山さんところまでトラックでお米を取りに行きました。

すると、尾山さんが


「古澤さんが探していたお米が入ったよ」と一言・・・

ジャーン!

 おおっ、今まで見たことがない袋がそこに・・・^^;

 

フルサワ 「これは、ひょっとして例のEM農法のお米ですか?」


オヤマ  「そうそう、昨年話していたお米で、これは除草剤も使ってないよ」


フルサワ 「えーっ、本当ですか!どこにいらっしゃるんですか?その方は」


オヤマ  「えびの市内だけど、会いたい?」


フルサワ 「いやあ、それはぜひお願いします!お話が聞きたいです」


オヤマ  「じゃあ、段取りしようか」

 

 

 後日、この袋の生産者である永倉さんを尾山さんと訪ねました。

 

 

 永倉さんはEM農法を熱心に研究していらっしゃっていろいろなお話を伺いました。

早速、使ってらっしゃる資材を見せていただきました。

 

 EM1とEM2です。これにEM3と糖蜜、天日塩を入れて培養液を作るそうです。

EMって何?という声が聞こえてきそうですが、各ボトルのラベルに書いてありますが、

 

有用微生物(群)土地改良資材!

 

 EMとは「有用 (Effective)」+「微生物群(Microorganisms)」→「有用微生物群」の略です。

 

 リンクして読んでいただくといいのですが、多分見られない方もいらっしゃるので、ごくごく簡単に言いますと・・・

 

 

「腐るものを発酵させて肥料とかに変えてしまう超スーパーな優れもの!」

 

 なんです・・・・かなり重複表現ですが(笑

 

例えば、生ごみや糞尿を堆肥にしたり、土壌改良、水質浄化、いいことづくめなんです(*^_^*)

 

 

 

 コメントがちょっと恐いですね(笑

 下の写真は糖蜜です。EM菌のエサになるそうです。

 永倉さん(左は奥様です)は上記の培養液に下記の乾燥させた鷹のつめやニンニク、ヨモギを漬け込んで、荒しろ後に散布し、除草剤は使わないようにしているとのことでした。

 使う資材はEMぼかし(米ぬか、油粕、魚骨粉)と堆肥のみで、収穫後に蓮華をまいて耕運され窒素分に充てられているそうです。完全な自然農法ですね。


 ただ、田んぼが市街地に近いところにあり、共同防除などもあり、近隣に迷惑がかからないように紋枯れ防除のみされているとのことでした。

 

 

フルサワ 「いやあ、惜しかったですね。一回だけ防除されてるんですね」


オヤマ  「もう一人の山本さんは確か農薬は全然、使ってないって言ってたなあ

 

フルサワ 「えーっ、本当ですか!ぜひ、お会いしたいです!」

 

オヤマ  「じゃ、段取りします」

 

 

 

 

 

 

 

 

 続きは次回・・・今日は私の地区の秋祭りなので御神輿行列のお手伝いに行ってきます(*^_^*)

 

 

 

 

 

宮崎の特産品通販サイト日南海岸黒潮市場HPはこちらです(^^)

コメント(6)

こんばんは


>リンクして読んでいただくといいのですが、多分見られない方もいらっしゃるので、ごくごく簡単に言いますと・・・

説明するには何時間も必要です。
百聞は一見に如かずですけど。(^^)

>ただ、田んぼが市街地に近いところにあり、共同防除などもあり、近隣に迷惑がかからないように紋枯れ防除のみされているとのことでした。

もん枯れ病は、密植・過繁茂の環境で発生するため、粗植で風通しのいい稲にすると発生しません。
大粒菌核ができて、菌核が水に浮いて広がるので、隣りの田んぼに風で広がることは無いので防除する必要が無いのに。(^^;

京丹後のおやじさん、こんばんは!
コメントありがとうございます!

早速の鋭いコメントありがとうございます!

>もん枯れ病は、密植・過繁茂の環境で発生するため、粗植で風通しのいい稲にすると発生しません。

確か穂いもちの防除も兼ねていたかも知れません。どっちみち、来年は防除しないようにお願いしようと思ってますが・・・

日南海岸黒潮市場フルサワさん

おはようございます。

>フルサワ 「いやあ、惜しかったですね。一回だけ防除されてるんですね」

京丹後のおやじさんもお米の専門家なんですよね(∩.∩)

静岡市内のスーパーでもEM米売っていますが減農薬なのが残念です。

>フルサワ 「えーっ、本当ですか!ぜひ、お会いしたいです!」

フルサワさんも熱心ですね(∩.∩)

おはようございます

一面黄金色に染まった田んぼの風景が素敵です!!

真の・こだわりのお米に対するフルサワさんの熱い気持が伝わってきます
とても素敵です!
お米をそうですが、ブランドで決めるのではなく、誰が作っているか・販売しているかで決めたいです!!

溶射屋さん、おはようございます!
コメントありがとうございます!

>静岡市内のスーパーでもEM米売っていますが減農薬なのが残念です。

万が一の病気や害虫で半年間の苦労が水の泡にあるリスクを保障してあげられればいいのですが・・^^;

周りが防除していれば、無農薬の認定は下りないという現実もあると思います(^^)

吉野さん、おはようございます!
コメントありがとうございます!

>真の・こだわりのお米に対するフルサワさんの熱い気持が伝わってきます
>とても素敵です!

ありがとうございます、まだまだですが^^;

>お米をそうですが、ブランドで決めるのではなく、誰が作っているか・販売しているかで決めたいです!

そう言っていただけるように努力したいと思います(^^)

宮崎県南の観光情報サイト

宮崎県南観光ポータルサイト「いっちゃがネット」

 日南海岸黒潮市場HP
日南海岸黒潮市場HP

日南海岸黒潮市場店長古澤

日南海岸黒潮市場店長の
古澤幸弘(51歳)です。

宮崎県、特に日南市の
海の幸、山の幸を
全国へお届けします。

お問い合わせは
次の電話番号(FAX)、
メールにてお気軽にどうぞ。 

〒887-0005 
宮崎県日南市材木町1番地
℡0987-31-0510

 

最近のコメント

  • 日南海岸黒潮市場フルサワ: 吉野さん、おはようご 続きを読む
  • 日南海岸黒潮市場フルサワ: 溶射屋さん、おはよう 続きを読む
  • 吉野聡建築設計室: おはようございます 続きを読む
  • 溶射屋: 日南海岸黒潮市場フル 続きを読む
  • 日南海岸黒潮市場フルサワ: 京丹後のおやじさん、 続きを読む
  • 京丹後のおやじです: こんばんは >リンク 続きを読む
DSC_0182.jpg
DSC_0055.jpg
DSC_0058.jpg

 

Powered by Movable Type 4.22-ja