宮崎県日南産ニンニクの最近のブログ記事

 みなさん、こんばんは!

 今朝は一年ぶりくらいの立ち番でした。立ち番というのは、PTAの保護者で月に2回ほど、2人づつ地区の子どもの登校道路の途中に立ってあいさつ運動&見守りを行なうことを言います^^

 

今朝、恒例の軽い運動(腹筋や背筋、マグネットバイク)をして、朝食を摂ろうとテーブルにつくと家内が

 

「あっ、忘れてた!今日は立ち番だった!行ってくれる?」

 

天の声に逆らえるはずはありません(^^;

 

7時15分~45分の30分間、行ってきました。

 

でも私はこの立ち番が好きなんです^^

 

「おはよ~!行ってらっしゃい」

 

「お~っ、久しぶり!元気か?」

 

と知っている子に声をかけたり、私は中学校PTAですが、もちろん小学生にも声を掛けます。子どもたちも元気よく、たまに恥ずかしそうに声を返してくれます^^

 

そんな子どもたちのかわいい笑顔を見ると、こちらもすっかり元気になるんです、余裕があれば毎日やりたいくらいです^^


 

 さて、今日は久しぶりに「にんにく畑」の様子です(1/16撮影)^^

12/31撮影の写真

 今年は大きくなる前にマルチをしそこねたと、倉崎さんが言われてました。植え込みが一月近く遅れたのと、12月中旬からの寒さで、昨年と比べるとかなり小さいです^^

芽が出てすぐにかぶせることができなかったので、今年はこのままです^^

 ちなみに昨年の今頃の写真(1月9日に撮影したものです。昨年はあまり寒くありませんでした、今年はかなり寒いです)

昨年はかなり大きかったですね^^;

でも、気温が上がるとすぐに大きくなると、大分のFさん(御指導を受けた方)がおっしゃってました。

 

冬来たりなば春遠からじ、ですね^^

上の畑も順調でした^^

 

 

やはりまだ小さいですが・・・^^

 

それではまた明日^^

宮崎の太陽の恵み、生で食べられる「宮崎完熟きんかん」が入荷しました!1/31まで割引セール実施中!

 みなさん、こんばんは!今、21時46分です。


すでに紅白歌合戦も始まってますが、司会の松下奈緒さんが忙しいですね^^

 

 

よくコメントをいただくブライダルプロカメラマンのTWINSさんもびっくりのお色直し、いや衣装替えの回数がすごいです^^

 

 

 まあ、それはともかく(笑) 、もうすぐ桑田佳祐さんが登場するので楽しみです^^

 

 

今日は家の準備がほとんどで、掃除や飾り付けに追われました。

 

 

日南市南郷町も雪が降りました!朝方4時頃と、お昼から午後にかけて断続的にあられが・・・てげ(とても)寒かったです^^;

 

 

家内と朝一番でお墓の掃除に行っておいてよかったです^^

 

 

 

 家の用事の合間にお正月用の写真とにんにく畑に久々に行ってきました^^

 

 

11月13日に種を植えたにんにく畑に前回は11/29に行ってきました(写真下)。

 

 

今日はこんな感じでした、葉っぱが5枚から6枚出てました^^

 

写真を撮って帰ろうとすると、栽培をお願いしている倉崎さんが犬の散歩でバッタリ!^^

 

 少し窒素が効いているので、リン酸系のものを年明けにやりたいとおっしゃってました。わかりやすく言えば栄養過多です^^;

 

 

 来年もよろしくお願いします!と別れました^^

 

 

2010年最後の夕暮れですが、太陽が雲に隠れていました^^;

 

 明日の宮崎県日南市はいちおう晴れマークですが、最低気温がマイナス1度になっていました^^;



まあ、多分、初日の出は撮影しないと思います・・・・・^^;




 それではみなさん、良いお年をお迎え下さい!1年間、ありがとうございました!^^
宮崎の太陽の恵み「宮崎温室きんかん」と「宮崎ポンカン」が入荷しました!

 みなさん、こんばんは!



今日久しぶりに、11月13日に種を植えたにんにく畑に行ってきました。

 

畝と畝に間に少し水がたまっていました。また排水作業をされるそうです。

芽がしっかり出ていました。畝自体は乾燥しています。



今度は道上の畑を見に行きました^^

 にんにくがしっかり根付いていました^^



このまま大きくな~れ!(^^)

 以上、植え付けから16日目のにんにく畑の様子でした!



収穫まであと151日!(4月29日~昭和の日を予定)

 

 

早く販路の開拓を急がなくては・・・・(^^;

 

 

 それではまた明日・・・・

 

 

 御歳暮予約承り中です。「太陽の雫」、在庫がなくなり次第、カートを閉めさせていただきます(^^)

 

 みなさん、こんばんは!

 

 

 今日は忙しくて、やっと皆様のブログへ訪問できました。

 

 

 帰ってたら世界バレーをやってまして、日本が世界1位のブラジルをリードしたんですが、最後は逆転されてしまいました。

 

 

スポーツはついつい見入ってしまいますね^^

 

 

そういえば今日の地元の新聞から・・・

 

 

松田が金メダル 広州アジア大会

 

 本県延岡市出身の水泳の松田丈志選手が、広州アジア大会競泳~男子200メートルバタフライ決勝で今季世界トップの記録を出し、金メダルを獲得したそうです。おめでとうございます!^^ 詳しくはこちらを・・・

 

 

 

 今日はやっとニンニクの植え付けが行なわれました。昨年は10月14日に植えてました。おととしは11月14日。今年は10月半ばは雨が多く、伸び伸びとなっていました。

 


            ~写真は昨年の植え付け風景~ 

 

 

 

 今日の植え付け風景は、残念ながら忙しくて、写真を撮りに行けませんでした^^;


 

 後日レポートしたいと思います^^

 

 

 

 それではまた明日・・・

 

 

 

 御歳暮予約承り中です^^

 みなさん、こんばんは!

 

 今日はにんにく畑の様子をレポートします^^

 

今年の2/25はにんにく畑でした^^

9/9は6月植え(蒔き?)のヒノヒカリが頭を垂れていました^^

そして下は9/27の写真です。ヒノヒカリの刈り取りが終わり、畝(うね)作りのために深く起こしてありました。^^

  おとといの9/28には、倉崎さんと話し合いをしました。


 畝作りの前の準備(土壌に入れる石灰の量、元肥の選定等)についておもに話し合いました。土壌をpH(ペーハー)6.0~6.5で準備するために、普及所にpHを計ってもらうことにしました^^

 

 肥料は良質の有機肥料を使います。鶏糞系統は窒素分が後効きするので、今年は使いません。

 

 実は倉崎さんのお友達に、先日御紹介したニンニクの種「嘉定種(かていしゅ)」を200キロ、斡旋しました。

 

 20アール分です^^

 

 昨年、やはり自分達のグループで栽培されたのですが、3,4月の低温で全滅だったらしいです。

 

 グループ全員でリベンジを誓い、私に販売を委託されました^^;

 

 

 結局、今年は合計で30アール分(約3トン)のニンニクの販売を遂行しなければなりません。責任重大です^^

 

 

 ですから、今年は背水の陣で、栽培に取り組みます!昨年のように倉崎さんに丸投げではありません!^^

 

 

 とりあえず、背水を、いや排水をよくするための圃場作りを目指します!^^;

 

 

 

 次回も乞うご期待です!^^


 朝どれ伊勢海老受付中です!

 

 このブログを御覧になって、

メールで御注文いただき、さらに

 


ゆうちょ銀行振込の方は10%値引き(8,400円→7,560円)

いたします!(10/10まで

 みなさん、こんばんは!

 

 今日の日南は、日中は気温が上がり、30度を超えました!三寒四温ならぬ、日替わり寒温です^^;

 

 

 さて、今日はもう一つのニンニクの種「嘉定種(かていしゅ)」の御紹介です^^

 

 

 この種は、種屋さんが中国メーカーと契約して、作ってもらっている原種だそうです。 今、日本で栽培されているニンニクの大部分が中国からの輸入品です。日本で栽培された物は、すべて国内産となります。

 今この種もですが、中国から来る種はここ数年、値上がりしています。年々値上がりしています。今年も昨年より200~300円/キロ高いようです。

 

 

 倉崎さんによれば、今日の農業新聞1面に、中国からの輸入ニンニクが年々減少!と書いてあったそうです。最近の政治問題は関係なく、中国が輸出できる量が確保できないようなのです。

 

 

 今日の昼の番組で言ってましたが、中国から入ってくるニンニクの量は、なんと国内消費量の69%になるそうです!これは恐ろしい依存度ですね^^;

 

 100キロ仕入れました。来年の収量目標は1トンです。全部、販売用です!^ー^


来年はニンニク国内自給率アップの一役を担えるようにがんばります!^^;

 

 それではまた明日・・・


 伊勢海老漁の受付は10/1からの予定でしたが、台風12号の影響で少し早くなり、本日から再開されました^^

 

 みなさん、こんばんは!

 

 今日の日南は、昼間は結構気温が上がりましたが、朝晩は涼しく、ようやく秋本番、食欲の秋本番!という感じです!

 

 

 新米がおいしい時期になりました。日本人に生まれてよかったと、実感する季節です^^

 

 

 9/21に、今年植付のニンニクの種が入荷しました。

 

 

今年は2種類作付けします。

 

 

 今日、御紹介するのは、暖地向きの国内原産品種「平戸(ひらど)」です。20キロ買い入れしました。

 

長崎県が原産と言われる数少ない国内原産品種です。以下、種屋さんの資料より~

ウイルスフリー、暖地系の早生大球種!

 

●鱗片数が8~10片の、暖地系早生種です。

 

●植え付け後の萌芽の揃いが良く、生育は極めて旺盛です。

 

●強勢で草丈は1m程度に伸長し主茎が太く、葉にはブルームを発生し濃い目の緑色を呈し広幅で長い。

 

●抽苔の時期は暖地の場合で、4月下旬頃に盛期を迎え、後に1ヶ月を前後する頃、収穫期に入ります。

 

●球の大きさは直径で7~8cm、球重は100~150gに達する大球種です。

 今年はA品は売り切れで、B品です。その分、定価の半額以下で買えました。

 

 来年は、全部種にして作付けする予定です。予想収穫量は200キロ^^;

 がんばります!来年は勝負の年です!^^;

 

 それではまた明日・・・


 伊勢海老漁は現在、休漁中です。
 


 次の受付は10/1の予定でしたが、台風12号の影響で少し早くなり、9/28から発送できる見込みです^^

 

 

 

 みなさん、こんばんは! 今日はにんにく畑No2ののその後です^^


写真は5/12の様子です。にんにくの芽の摘み取りを行っています^^

 次の写真は、上の畑の現在の様子(9/9撮影)です。水稲がきれいに穂揃いしています。

 倉崎さんはにんにく収穫後、ここにも普通作のヒノヒカリを植えられました。

 

  ただここは、先日の適当に種籾をまいた田んぼ(下写真)と少し植え方が違います。

 写真は結構、隙間があいています。

 

 写真種籾(たねもみ)を水中で呼吸できるようにコーティングされた種籾を田植え機できちんと蒔いたものです。

 

 カルパー(過酸化カルシウム)という粉を水をかけながら種籾にまぶします。まぶした後は陰干し、倉崎さん(写真下)は冷蔵庫で8度くらいで保管されるそうです。

 

 水分をある程度抜いて、きれいに種籾の表面をくるむようにです。(写真はいずれも2008年4月のもの)

 過酸化カルシウムは水中の土壌中で徐々に酸素を放出して、発芽中の種子に酸素を供給する役目があります。

 

 つまり、水上に芽が出て、種籾が自分で呼吸できるようになるまで、カルパーが種籾に酸素を供給する、というシステムなのです。

 

 ですから稲穂が整然と順列をなして生長しています^^

 

このような作業がどういう意味を持つかはまた次回・・・^^

 みなさん、こんばんは! 今日はにんにく畑のその後です^^


写真は9/9の様子です。

 にんにく収穫後、普通作のヒノヒカリを植えられました。5月下旬に少し発芽した種籾をそのまま直にタプタプの泥状になった田んぼへ投げ入れられたそうです^^

 

 結構、実ってます。直播(じかまき)栽培する時は、カルパー処理という酸素を含んだ粉末をコーティングした種籾をまくんです。種籾が窒息しないようにです。

 

 でもこの田んぼはカルパー無しでうまく育ったみたいです。もうすぐ収穫です^^

カルパー処理については、またいつか記事にします^^

上の田んぼ、2/25はにんにく畑でした^^

つい7ヶ月前ですね^^

 下の写真は1月9日(46日前)の畑の様子です^^

今年も10月にニンニクの植えつけをします。

 

詳しくはまた次回に・・・^^

 みなさん、こんばんは! 
 
 

日南生にんにく販売中止の理由について書きたいと思います^^

(1)栽培方法を変えたこと

 昨年収穫した500個はおととしの11月3日に100個分植えてもらい、昨年4月13日に収穫しました。我流でやりましたので、倉崎さんのキャリアと勘で栽培し見事に大収穫!(写真下2枚)

 この時はニンニクの芽は摘まず、大きさを見て収穫しました。3月末から4月の収穫に向けて好天も続きましたが・・・

 

 今年は大分研修のマニュアルにしたがって、ニンニクの芽を5/8~12に摘んだ後、2週間置きました。

 

 この間に雨が多く、茎の劣化と水はけの悪さで一部に根腐れが発生しました。

 

 マニュアルではなく、現状(天候、気温、現物&土壌状態)に合った栽培方法をしなければならないことを痛感しました^^;

 

 今日は栽培方法について倉崎さん親子と徹底して検証しました。

 

 植え方、管理方法、収穫時期など今年の植え込みに向けて確信を持ちました。天候に左右されず、いいものを作るために・・・

 

 今年も収穫時期を誤らなければ、いいものがいっぱいできていたのです。私の反省点が次の点です。

 

(2)栽培管理の緻密さの必要性

私がニンニク畑に足を運んだ3月26日、2人で検証した記事(3月28日)の写真です。

『先日、倉崎さんところへ苗をいただきに行った時の(第2)にんにく畑 の様子です。

 

 倉崎さんがちょう どみえて、トゥ(芽)がまだ出ないと言われて、

 

「一本、抜いてみるか?」ということになりました^^

 少しまだ小ぶりです ね^^;

 4月中旬以降になりそうです・・・・完熟マンゴーといっしょになりますね^^;
 

 母の日ギフトにはちょっと?ですね(笑』

 

 このように3月26日まではしっかり2人で検証(掘り起こして実の太り具合を見ること)していました。

 

 

 その後、私は本業と母の日ギフトのHP作りに没頭、倉崎さんは天候不順により高騰した本業のきゅうりの収穫と、10ヘクタールの水田の管理(低温と多雨による苗の補充等)に追われ、2人で4月に検証したことはありませんでした。

 

 これが結果的に命取りになりました。私は母の日までマンゴーに追われ、連休明けに畑を見ました。

~写真は5月6日(雨)かなり芽が出ています。この時は芽を確認しただけで、実の太り具合は見ませんでした。

下の写真は3月26日

 それまで電話で倉崎さんと話して、芽を出来る範囲で摘んでいると聞いていましたので油断していました。油断が一番いけません。

 

 このニンニクは経費はすべて日南海岸黒潮市場が負担し、栽培管理を倉崎さんにお願いしている、いわば共同作業なんですが、倉崎さんも私に対して若干の遠慮があったみたいです。忙しくて手が回らなかったのです。

 

 完全な芽の摘み遅れと収穫遅れ+4月の記録的な多雨による土壌の多湿化

 

 そして連休の気温急上昇によるマルチ栽培の負の部分(湿気を持った土壌がマルチにより水分が発散できずむれてしまうこと)と雑草の繁殖が重なりました。

 

 4月に検証していれば、芽が出たばかりでも連休中に収穫をしていればかなりの豊作でした。

 

(3)寒地栽培と暖地栽培の違い

 今回、致命的だったことがもう一つあります。

 ニンニクの芽を収穫して2週間置くという寒地栽培の慣習を遵守した点です。

 

 気温が高い宮崎では、芽を摘んだ後に急激に茎が枯れました。

その結果、肝心の収穫に大きなマイナスを生みました。

 ニンニクを引けなくなったのです(写真上はいい部分)。茎が枯れて途中で切れてしまい、肝心の実の部分が地中に残ってしまい、掘り起こしにすごい手間がかかるのです。

 

 100本の茎を引き抜く場合、昨年が抜くだけであれば、3分(抜くだけなら1秒/1本)で抜けたのが、今年は1個に10~30秒、100個で15~45分以上かかる結果になりました。

 

 しかし、今年でも抜きやすい所を調べた結果、決定的な栽培方法を再確認できました。来年の豊作に確信を持てた点はよかったです。

 水はけが悪いところは多くの実をそのまま地中に残し、規模は違うのですが、育てた牛や豚を殺処分して埋めなければならない畜産農家のみなさんの気持ちが、爪のアカの1000分の1くらいはわかりました。

 

 農業は生き物を育てる仕事ですから、油断がならないことを痛感しました。

 

 倉崎さんと『栽培・収穫の簡略化のための独自マニュアル作成』を行い、来年こそは、とてもジューシーでフレッシュな生ニンニクを皆様にお届けしたいと思います!^^

 

 生き残りのニンニクは醤油漬けの加工食品として試験的に作ります。今日はその準備もしていました。完成したらまたブログでお知らせします^^

 

 誕生日プレゼント工場さんから「わけあり」で出せないのですか?という質問をいただきましたが、収穫時期を逃し、りんペンから2次成長で芽が出ているのもあり、完全な規格外が多いので今年はやめておきます。

 

 おかげさまでニンニクを家族で毎日食べても3年くらいは十分大丈夫です^我が家は家内が料理で毎日のように国産ニンニクを使いますのでその分でも種子代は出るんです^^

 

ありがとうございます!感謝します(^^)

 

 

 

 それでは今日もこのお願いを書いてお別れです!

 
 現 在、全国トップニュースになった宮崎県口蹄疫感染問題ですが、いろいろな誤解もありますので、正しい情報だけをお伝え したいと思います。

(1)口蹄疫ウイルスは人間には感染しません
(2)
現在、感染収束のために 行政&関係者が全力を尽くしています。
(3)ここ数日、宮崎の農産物を拒否するような風評被害が起こってます。

 全国のみなさまへ お伝えします。事実を知っていただいて、宮崎県の農産物を買っていただくとありがたいです。

(1) 口蹄疫にかかった家畜の肉や牛乳は市場に出回りません
(2)万が一、摂取しても人体に影響はありません
(3) 市場に出回っている宮崎県産牛肉、豚肉は高品質のままです。

 もち ろん、
鶏肉や 野菜・果実等その他の農 産物にも全く影響はありません。  

  ですから、逆に宮崎県産の牛肉や豚肉、その他の農産物を買っていただけないでしょうか?  

みなさんが500円でも、千円でも、宮崎のお肉を買っていただくことが、宮崎の畜産農家のみなさんへの何よりの力(励み)になるからです  


さらに宮崎の農産物を積極的に買っていただくことは、間接的に宮崎農業の応援(下支え)をして下さることにつながります。
  


ニュースでは感染防止のための消毒作業の風景のみが映され、上記のお願いのようなことは一切放映されません。

周り の 方へも伝えて下さい、よろしくお願いいたします!

 義捐金のサイトを掲載しますが、もちろん任意です。

※宮崎県庁ホームページにあります公的な義捐金についての振込先口座一覧その他詳細はこちらをクリックして下さい。



最後まで 読んでいただき、ありがとうございました!


ご協力いただける方はよろしくお願いいたします。

宮崎県南の観光情報サイト

宮崎県南観光ポータルサイト「いっちゃがネット」

 日南海岸黒潮市場HP
日南海岸黒潮市場HP

日南海岸黒潮市場店長古澤

日南海岸黒潮市場店長の
古澤幸弘(51歳)です。

宮崎県、特に日南市の
海の幸、山の幸を
全国へお届けします。

お問い合わせは
次の電話番号(FAX)、
メールにてお気軽にどうぞ。 

〒887-0005 
宮崎県日南市材木町1番地
℡0987-31-0510

 

最近のコメント

DSC_0182.jpg
DSC_0055.jpg
DSC_0058.jpg

 

Powered by Movable Type 4.22-ja