日南海岸どれ伊勢海老の最近のブログ記事

 みなさん、こんばんは!



昨日、12月10日を持ちまして、今年の「日南海岸朝どれ伊勢海老」の御注文受付を終了いたしました。



たくさんの御注文をいただき、誠にありがとうございました。

 中野さん御夫婦とは、かれこれ10年来のお付き合いになります。中野さんの奥さんと私が、日南市主催の地域情報パネルディスカッションみたいなイベントに、お互いがパネラーで出演して以来です。今年もお世話になりました、ありがとうございました!

 

 

 今年は昨年よりはるかに多い御注文をいただきましたが、はっきり言って昨年が少なすぎたので・・・(^^;

 

 

 

 宮崎の伊勢海老は早いのが利点なので、来年は8月(先行予約)から9月で勝負したいと思います^^

 

 

 

 

 それではまた明日・・・・御歳暮承り中です^^

みなさん、こんばんは!

 

今日も宮崎は暑かったですが、明日くらいから朝方、少し涼しくなるそうです。

 

これ、農作物にはとっても大事なことなんです^^

 

それはまたいずれ・・・

 

昨日の私の記事に対する温かいコメント、ありがとうございました^^

 

フォントソフトについて、いろいろな御意見やヒントをいただきました。

 

本当にありがとうございました!^^

 

今日は昨日のこの件に関しての説明です(^^)

 

>さて、朝どれ伊勢海老の受付がいよいよ9月は15日までです。

 というのは18日からは休漁になるからです。その理由は明日^^

 

実は18日から月夜(月明かりが明るい夜)が続くらしいのです。


詳しくはこちらの月齢カレンダーを御覧下さい^^

 

以前の記事の通り、日南海岸の伊勢海老漁は、網を立てます。


その網に伊勢海老が入ってきて、網に足とかがからまり、逃げられなくなるのですが、月夜は海が明るいので、伊勢エビに網が認識できて、かかりが悪いとか・・・^^;

 

そういうわけで、9月17日までが9月の漁となり、次は10月の闇夜(やみよ)からになるのだそうです^^



・・・・・・




あまりにも答えがつまらなかったですか?ハハハ・・・^^;

 

 

また中野さん(写真下)から詳しいお話を聞きたいと思います^^

 

それではみなさん、また明日・・・

 みなさん、こんばんは!

 

 今日は9月2日ですね、とても暑い日でした^^;

 

 奇しくも昨年、伊勢海老漁の取材に行った日でした。

 

 さて、前回の記事では、伊勢海老の網を引き上げて、港に帰ってくるまでを書きました。中野さんの顔つき、とても真剣です^^^^ 

さて、「朝どれ伊勢海老」はこれから奥さんの出番になります。

 取れたばかりの伊勢海老を、籠に入れて計量します。

ちょっと大きめで3匹、普通は4匹くらいで1キロです

計量が終わると、新聞紙を海水で濡らし、おがくず入りの発砲スチロールの箱にすばやく入れていきます

 この上に保冷材、食べ方レシピを入れてふたをします。↓

 この状態ですぐに発送します。関西より東はジェット便でお送りし、一部離島等を除き、必ず翌日お届けします。万が一、運送時のショック等で活きていない時でも、新鮮ですのでそのままお召し上がりになれます。したがって、返品はお受けできません、御了承下さい。

 

 今年は佐川急便特別便でお送りします。ヤマト運輸は今年から「活き海老」は全面的に扱わないようにしたそうです。上記の赤文字部分でトラブルがあるのかも知れません。

 

 中野さんは後日(2009年10月23日)の取材でこうおっしゃいました(お母さんと奥さん、3人で撮らせていただきました)。

 中野さんは配送する時に、必ず一匹、一匹、確認されるそうです。伊勢海老を掴み、腰折れしてないかどうかを確認されるとのことでした。腰折れした伊勢海老は急激に弱るそうなのです。

「だからウチの伊勢海老は配送の時によっぽど痛んだりしない限り、死ぬことはないよ。」 

と自信を持って語られました。プロ意識がすごいですね。

 海老をみせていただきました

もちろん活きています 

 

 伊勢海老のお造りです。甘くて口の中でとろけます^^

お造りの後はダシがたっぷり出ているお味噌汁ですね^^

この味噌がたまりません!

 実は炭火で生の伊勢海老を直焼きにすると、とても香ばしくておいしいのですが、その写真はまたいずれ掲載したいと思います。


 それではまた明日^^

 みなさん、こんばんは!

 

 今日はコマーシャライザーの更新を行いました^^

 ずーっとマンゴーのCMがHP,ブログとも貼ってあったんですが、とうとう新米のコマーシャライザーは作れませんでした。

 

 理由としてはマンゴーの販売等に追われて、写真を含めて準備ができなかったことにつきます!

 

来年への課題です^^

 

 今日は月曜日です。今日の更新は意味があります。

 

 このブログを御覧の方へのみお教えしますが、コマーシャライザートップページの

 

今週の人気CM

 

は毎週、月曜日の零時に更新されます^^

 

つまり、月曜日に新作を出して、ブログとかに貼っておけば、再生回数が自然と増えて、TOP10に入る可能性が高くなるのです^^

 

ちなみに上記のCM、今の段階で1位です^^

 

それではまた明日・・・

 みなさん、こんばんは!

 

 前記事宮崎の太陽の恵み「新米コシヒカリ」発売中です!9月2日から朝どれ伊勢海老を発送いたします!ではいろいろな御意見をいただき、本当にありがとうございました!

 

 いちおう、上の写真を使うことにしました^^

 

 さて、「朝どれ」という言葉は私がつけましたが、中野さんの漁は早朝から始まります^^

 

 前日に立てておいた網を引き上げに行くのです。全部でポイントは数箇所・・

 

以下は私の昨年の取材の写真で説明したいと思います^^

 2009年9月2日日南市内海にあるオオサ漁港

 グーグルアースで見ると、ちゃんと船が写っています!すごいですね^^

 前日、立てた網を引き上げに向かう中野さん親子、私も一船に乗り込んで一緒に行きました。思えば、勇気があったものです^^

 「しばらく帰ってこないから一緒に乗っていけば?」という中野さんの言葉で、勢いで乗った私でしたが・・・

 

 乗ってポイントへつくまで、正直、後悔しました^^

 

 片手でカメラを持ち、片手でポールをしっかり握りましたが、小さい船なので、前後に揺れるんです。

 

 これが腹部にボクシングで言えば、ボディーブローを打たれるように効いてくるのです。段々、冷や汗が出てきました。しかし、今さら引き返せません^^;

 

 私の声が聞こえなくなって中野さんが、「古澤さん、沖の方を見たほうがいいよ。」と声をかけてくれました。

 

 ものの5分位でポイントに到着しました。でも私にはとても長く思えた時間でした。

 

 ここで船は停まり、網の引き上げが始まります。ここから縦揺れから横揺れに変わりました。

 横揺れは身体を自分でその方向に向ければいいので、かなり楽になりました^^

船がゆっくり動きながら網を引き上げます。

 次から次に網を引き上げていきます。すると伊勢海老が網にかかって来ました。


「かかってる、かかってる!思わず声を上げたことを覚えています^^

 上の写真に写っている方は、御親戚の方で、船の中で網から海老をはずす作業をされていました。たくさん、網にかかっているのを見て、私も嬉しくなりましたが、朝一番の網は2倍位かかっていたそうです。

 30~40分位で船は港に戻りました。すぐさま、何名かで網から海老をはずし、すかさず籠に入れる作業が始まりました。

 下の写真はフラッシュを使ったのだと思います。失敗しました^^;

 続きはまた明日・・・^^

 みなさん、こんばんは!

 

宮崎の9月といえば、2つのものが頭に浮かびます^^

 

(1)海の幸~日南海岸朝どれ伊勢海老

 日南市伊比井にお住まいの海老網漁師の中野さんが毎朝出航してとられる新鮮な伊勢海老をその日のうちにお送りします。一部離島等を除いて、翌日にお届けいたします。

 

いちおうホームページの伊勢海老トップには、冒頭の写真を貼りましたが、候補は3つありました。みなさまでしたら、伊勢海老バナーとして、どれを選ばれますか?^^

①お造り編(大瑠璃セレクション店に貼ってあります)

②中野さん夫婦編

③味噌汁編(冒頭の写真)


京丹後のおやじさんのコメントを拝見して追加しました(00:05)

>白いプリプリした伊勢海老のシャブシャブ又は
刺身の白身を見たらもうたまりません。(^^)

全部NG も有りです^^;

 

改良、改善を含め、アドバイスをいただければ幸いです^^

 

昨年の今頃は経営革新塾の真っ只中で、フォトショップで次のような画像(前記事に貼りました)を作って遊んでました^^;

 

加藤先生があきれていらっしゃいました・・・・

 

でもフォトショップという素晴らしいソフトに出会えて本当によかったです^^

 

加藤先生に、まっこと!(龍馬風に)感謝しております、ありがとうございました!

 

  

(2)山の幸~日南特産極早生(ごくわせ)みかん

 昨日、カメラが修理から還って来ました。収穫が始まったら、写真を撮りに行って来ます^^;

 

それでは、いつもの写真でお別れです。昨日、今日でやっとマンゴーのバナーをホームページトップから取り外すことができました^^;

 

1ヶ月ぶりにリニューアルできました^^ 

 いやあ~ホームページの更新も、まっこと!大事ですね(^=^)

 さて、前回記事にしたむかでのりですが、これは熱いごはんのおかずにも、酒の肴にしても、最高です!

 ほとんど!カロリーがなくて(100グラム中10キロカロリー)

 

太らないし!(#^.^#)

名前の由来は、原料のトゲキリンサイの形(色も枝もムカデのそれによく似たものになっている)にあるようです。

 

現物は下の写真です(保存用に天日干して乾燥させたもの)

 このむかでのり、元々は漁師さんたちの保存食としてできたようです。

 

 伊勢海老のシーズンは9月から4月です。資源保護のため、5月から8月は休漁になります。

 

 中野さんは5月から7月まで素潜りでこのトゲキリンサイを取られるそうです。8月になると固くなるからダメだとか・・

 

 天日干しでからからにして保存するそうです、1年間は大丈夫だとか(^^)


 さて、本題のむかでのりの作り方ですが、


①この乾燥させたトゲキリンサイを水に戻し、ぐつぐつ煮こみます。


②どろどろのペースト状になったトゲキリンサイをパット(型枠)に流し込みます。この際、型の内側に天然塩をパラリ、流し込んだあと上からパラリとふるそうです。


③一晩冷蔵庫で固めます。


④ゼリー状になったトゲキリンサイを包丁で任意の大きさに切り、それぞれのお宅の自家製味噌につけて味がしみ込んできたら出来上がり。

 

 見た目はゼリーみたいですが、食べてみると、プルンとしたほどよい弾力性があり、口の中で転がす間に味噌味と磯の香りを含んだ塩味が口の中に広がり、何ともいえない味わいがあります。


 健康面でもミネラルのかたまりですし、食物繊維も豊富に含んでいます。


 熱いごはんと食べたら、「とてもごはんが進む君」です(#^.^#)

 試食会は次回の記事で・・・・

 

~中野さんちのお得な情報~(#^.^#)

 実は中野さん所では、予約で伊勢海老のバーベキューもされています。お昼限定(台風とかで伊勢海老がない時はできません)」ですが、浜値で伊勢海老を売って下さって、その場でお造りや炭火の直火焼き、味噌汁まで作って下さるんです。時期的には9月下旬~10月がベストです。

 

 場所は港の中にある下の作業所の中ですが、今年も地元の企業さんが、東京の☆ずほ銀行さんの社員さんとかホワイト族のみなさんを連れてこられたそうですが、大喜びされたそうです。

 何といっても、普通の料理屋の予算で約1キロ。今なら大型の伊勢海老が2匹も食べられるんですから・・ただし、御飯とかお酒は持ち込みになります。

 

 お造りも最高ですが、そのまま2つに割り、塩を少しかけて炭火で直に焼くと最高なんです。

 

 伊勢海老の濃厚な味噌がふつふつと熱を持ち、天然のソースとなって、至福のおいしさなんです (#^.^#) (#^.^#)

 

希望の方は朝早く来れば、船にも乗せてもらえますよ。

私の体験記はこちらでどうぞ(#^.^#)

中野さんの船は、南郷町と宮崎県庁とのちょうど中間地点の伊比井の鶯巣(おおさ)漁港にあります。


波はかなりしけていました。

約30分で着きました。

中野さん御夫婦の名前を一字づつ取った利一丸です。

中野さん御夫婦とおかあさんです。海老網作業の様子はこちらで・・

おおっと、いきなり来たかあ~(笑

もちろん活きています。目が回らないように遅くしてあります(笑

このソフト、無限にしないと動かないんです、伯爵様(^^ゞ 

 今はほとんど一匹が400グラムから600グラムくらいある大ぶりの伊勢海老が多いそうです。


 ですから当店から1キロで送る場合は、2匹が多くなります。


 完熟マンゴーもそうなんですが、中型3匹で1キロより、大型2匹で1キロの方が食べる部分は多くなります。味は変わりません。


 特に伊勢海老は足とかがほとんど食べられるようになるので、お得です。

 

 ご主人の中野さんと話しましたが、中野さんは配送する時に、必ず一匹、一匹、確認されるそうです。伊勢海老を掴み、腰折れしてないかどうかを確認されるとのことでした。

「だからウチの伊勢海老は配送の時によっぽど痛んだりしない限り、死ぬことはないよ。」

 

と自信を持って語られました。プロ意識がすごいですね。

 

 

 

 

 

 ただ、私がここに来た理由は実は伊勢海老取りではありません。中野さんが忙しくて来れないということで、うちの店で販売している中野さん手作りの商品を取りに来たんです。


 それはこれです。

詳しくはまた次回・・・(*^_^*)

網を引き上げてかかった伊勢海老を網からhずす作業があります。これがなかなか手間がかかります。

中野利勝さんが、網から手際よくはずしていきます。

その伊勢海老を計って発砲スチロールの箱に梱包するのは奥さん、一枝さんの仕事です。

ちょっと大きめで3匹、普通は4匹くらいで1キロです。

計った後、のこくずを入れた箱に伊勢海老を入れます。この上に保冷材、食べ方レシピを入れてふたをします。↓

この状態ですぐに発送します。関西より東はジェット便でお送りし、必ず翌日到着するようにします。逆に言いますと2日以上かかる所への発送は残念ですが、お断りしています。

ところで、船の名前の利一丸、何か気づかれませんか?

 

 

ヒントは上の文章の色が違う文字に関係あります。

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そうなんです、ご主人と奥さんのお名前を組み合わせた名前なんです。素晴らしいですね(*^_^*)

どなたか、うちもそうだよ、という持ち物がありましたら、ぜひ教えて下さい。

9月2日日南市内海にあるオオサ漁港

前日、立てた網を引き上げに向かう中野さん親子

 

ポイントに到着

いよいよ引き上げ

かかってる、かかってる

 

 いやあ~大漁でした!

 

 取材に行ってわかったことは、どの仕事もそうですが、それぞれの役割をきちっと果たし、一致協力することなんですね。中野さん、本当にありがとうございました!

 

宮崎県南の観光情報サイト

宮崎県南観光ポータルサイト「いっちゃがネット」

 日南海岸黒潮市場HP
日南海岸黒潮市場HP

日南海岸黒潮市場店長古澤

日南海岸黒潮市場店長の
古澤幸弘(51歳)です。

宮崎県、特に日南市の
海の幸、山の幸を
全国へお届けします。

お問い合わせは
次の電話番号(FAX)、
メールにてお気軽にどうぞ。 

〒887-0005 
宮崎県日南市材木町1番地
℡0987-31-0510

 

最近のコメント

DSC_0182.jpg
DSC_0055.jpg
DSC_0058.jpg

 

Powered by Movable Type 4.22-ja