健康と食の話の最近のブログ記事

 みなさん、こんばんは!

 

上記の写真は私の義弟(家内の弟)が作っているレモンとミラクルフルーツです。レモンはもちろん、防腐剤やワックスは使用していません^^

 

 

 みなさんはレモンを丸かじりされたことはありますか?^^;


レモンってビタミンCの代名詞みたいですよね^^。

 

こちらのページにも書いてありますが、

 

レモン(に限らず、かんきつ類)は、ジュースにして飲むより、生のまま食べる方が、絶対に美容とか健康に効果的です。

 

レモンの場合、丸かじりと果汁ジュースの場合を比較すると、ビタミンCは100mgから半分に、食物繊維は4.9gからゼロに減ってしまいます。

 

生で食べられれば、お肌にいいのはもちろん、コラーゲンの増産や白血球の働きを助けたり、活性酸素の分解をしたり、と至れりつくせりなんです^^

 

ところが、宮崎には、レモン果汁を、あたかも砂糖(あるいは蜂蜜)が入ったような、甘酸っぱい味に変えてしまう不思議な果物があります。

 

 

それがこれ!ミラクルフルーツです^^
 

実は私が今日、自ら実験を行ないました。レモンを1個(約100グラム)を切りました。

 一番外側を食べました、とても酸味が強かったです^^;

さて、ここでミラクルフルーツの登場です!^^

 

一粒を口の中、舌の上で皮ごとなめて転がします、約1分~2分。その後、種も皮も出します、基本的に食べません。

しばらく(3分位)時間をおいて、レモンを丸ごといただきました。

 うーん、甘酸っぱい!砂糖を入れたみたいに、自然な甘さがします。まるで初夏の日向夏を食べるような感じです。


あっという間に完食^^

 もちろん、この後1個分全部いただきました。一部は、果汁を絞って水(ビタミンCは熱に弱いです)で割って飲みました。

 

 やはり酸味が少しでもあるとダメな方がいらっしゃいますよね。果汁でも100グラムのレモンで50mgのビタミンCが摂れますから^^

 

でも時間がかかってややこしい、とおっしゃる方は次の表を御覧下さい。京丹後のおやじさんのブログ記事からお借りしてきました(図はすべて100グラム中の成分)^^

 

 

 ミラクルフルーツを食べなくても、レモン果汁と同等のビタミンCが摂れて、おまけにカリウム(血圧の低下、脳卒中の予防、骨密度の増加)、カルシウムが抜群に多くて、自然の甘みがあって、生で食べられるものがあるんです^^

 

 

 それは・・・上の表を見るとわかりますね?^^

 

 

ミラクルフルーツ、日南レモンも弊社で販売を開始します、詳しくはまた明日^^
宮崎の太陽の恵み、生で食べられる「宮崎完熟きんかん」が入荷しました!1/31まで割引セール実施中!

 今日は中学校の会合(謝恩会について)があり、最近では最も遅い更新になりそうです。写真はカリカセラピというサプリメントです。詳しくはリンクしてお読み下さい(^^)

 

 

 いつもコメントを下さる京丹後のおやじさんのブログで知りました。調べてみると免疫力が非常に高まるということだったので、一箱(100包=25,000円税別)注文しました。


 実は家内の祖父が、昨年以来体調を崩して入院しているので、ぜひ飲んでもらいたいなあ、と思って取り寄せたのです。


 祖父は94歳で戦争帰りです。フィリピン沖で船で移動中に撃沈されて、多くの仲間が海中でなくなったそうです。祖父は懸命に泳いで、通りかかった大きな船に助けてもらったそうです。


 つい昨年半ばまでは、現役で農業をやり、完熟キンカンと無農薬のグゥアバ茶を栽培してました。

 

 昨年入院するまでは、生涯一度しか病院へ行ったことがなく、目も見え、耳も遠くなく、歯も自分の歯ばかりと、周りからはスーパーマンのように言われてました。


 体調を崩してからは食欲不振になり、ほとんど食べものを摂らないみたい、と家内が心配してました。


 幸い病院が近くなので、カリカセラピを持って、家内が毎晩1包づつ飲ませに行きました。


 すると、3日目には食欲も出てきて、笑顔が出て、話も長くするようになった!と家内がたいそう喜んでました。


 カリカセラピだけでそうなったかはどうかは、はっきりわかりませんが、家内が行くきっかけにもなり、(多分?^^;)一番可愛い孫に飲ませてもらって、祖父もとても嬉しかったのでしょう(*^_^*)


 カリカセラピはパパイヤ(地区が限定されてます)の発酵食品なんですが、そのことを話すと、自分が戦争中に行っていたフィリピン島の話をおとといは始めたそうです。

 

 パンフレットのパパイヤの写真を見て、俺が食べたのはちょっと形が違うとか・・・フィリピン島で実際パパイヤを食べた話を聞いたときは、何とも不思議な縁だと家内も思ったそうです。


 

 昨日、祖父は退院し家内の実家に帰りました。

 

 家内が「あとは自分で買ってね!」とカリカセラピを10包持たせたそうです。もっと元気になってくれることを祈りたいと思います。

 

 家内の話によると、実家に帰ってますます食欲が湧いてきて、今日は日向の散歩もしたみたいよ!(^^) とのこと!

 

 やはり効いてるみたいです(*^_^*)


 私も家内も、もちろん飲んでます。大事に一日1包づつ・・・^^;


 京丹後のおやじさん、すばらしいものを御紹介いただいたこと、そしていろいろとサービスしていただいて、本当にありがとうございました!(*^_^*)



 さて、いよいよ明日からは宮崎完熟キンカン農家のゴトウさんちの紹介の予定です^^;

 なんせHPを早く作って2月1日から発売開始の予定なのですが・・・


頑張ります!^^;

 

 上のゴトウ夫妻の写真に免じて、次にポチッとしていただくとキンカンの色づきもよくなると思います・・・・^^;   

 


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

 

 ありがとうございました!(*^_^*)

 

 

改装前の宮崎特産品通販サイト日南海岸黒潮市場HPはこちらです(^^)

 今朝起きると喉が痛く、ちょうど祭日なので軽く朝食をとり、生姜湯を飲んでまた寝ました。


昼はあまりお腹がすいていないので、生姜湯と昨日買って来たあったミスタードーナツをひとつ・・・


 にんじんジュースのクニさんの記事 で知った石原結實(いしはらゆうみ)博士著の「体の冷えを取るとなぜ、病気が治るのか?」を読むと、次のように書いてあります。


 風邪の原因は水分の取りすぎ、不必要な水分(陰性食品=身体を冷やす食品、果物や清涼飲料水)を取りすぎて身体を冷やしてしますから・・・


 アトピーや帯状疱疹なども身体をあたためればいい、と書いてあります。


 私は今まで、風邪を引いたら栄養をとるとか、風呂には入ってはいけないと思ってました。


ところが、この本にはドイツの博士の言葉の引用で「発熱と食欲不振は名医」と書いてあります。


そうなんです、食べたくなければ食べないほうがいいんです。


摂るとすれば、昔ながらの林檎の摩り下ろしや生姜湯(生姜のすったもの+蜂蜜)やおかゆなど・・・


というわけで、今日はひたすら床に伏せてほとんど食べないフルサワでした。


パソコンもさきほど開いたばかりで、ご訪問もできません。本当に申し訳ありません。

 

 みなさん、睡眠不足(免疫力低下)と身体を冷やさないように、くれぐれもお気をつけ下さい^^;

 

 

 

 本当は今日、出荷間近の「宮崎金柑」ハウスの取材に行きたかったんですが、ボツになりました・・^^;

真っ白な~粉雪~人は立ち止まり(中略)もう一度

私の夢をつかむまで~Silent Night~

 

 辛島美登里の名曲「サイレント・イブ」(1990年)です(^^)

彼女の透き通るような歌声とメロディーラインにうっとりと聞き惚れてしまいます(^^) 

 私は基本的にバラードが好きです。特に女性が歌うしっとりとしたバラードが好きですね(*^_^*)


 古くは中島みゆき、最近では竹内まりやが私の歌姫ですが、この「サイレント・イブ」は聞くたびに心にしみわたります(^^)


 クリスマス前の定番曲であることから、俳人の黛まどかさんは「辛島聴く」を冬の季語に指定したそうです。

 

 この歌も本当に雪がよく似合う歌ですね(^^)
 

 残念ながら?日南市(特に南郷町)は、まず降りませんが^^;

 

 

 今日は冬至ですね。我が家では夕食でかぼちゃの煮物をいただき、湯船にゆずを入れました。

 

 以前、このブログで紹介しました石原結實(いしはらゆうみ)博士著の「医者いらずの食べ物事典」(PHP文庫)を見ると、次のように書いてあります。

 

 

 かぼちゃ(南瓜)~

『効能~脳卒中、風邪の予防、活性酸素の除去・・ビタミンA,E,ベータカロチンが豊富・・16世紀中頃、ポルトガル船が豊後(大分)に漂着して渡来した(略)』

 

 ゆずは載っていませんでしたので、検索したら面白い記事がありました。

 

冬至は湯につかって病を治す―湯治(とうじ)にかけています。

 柚子は融通が利くようにと願いが込められています。江戸庶民から生まれたとのことです。(略)~

 

 

 

 

 それでは日が変わらないうちに・・・

 

これからゆず風呂に入り、あったまって休みたいと思います(^^)

 

 

 

 

あっ、明日は〇〇〇・クリスマスです^^;

 

改装前の宮崎特産品通販サイト日南海岸黒潮市場HPはこちらです(^^)

 今朝のお味噌汁に刻んで入れたネギは本当においしかったです(^^)

 

旬のもの、いやすべての食物に感謝しないといけないですよね。

 

 

 さて、今日で玄米の話は終了です。

最後に咀嚼=噛むことの3大効用を書きたいと思います。

①唾液(だえき)を多く出す→消化補助→口内殺菌→免疫効果

②咀嚼すると時間がかかる→20分ほどで満腹中枢を刺激→食べ過ぎを防ぐ

③大脳への刺激を増やす→認知症の予防

あと顎を発達させ歯を丈夫にすることや、ゆったりと食事を取ることでリラックスすることなどが挙げられます。

こちらも似たようなことが書いてあります。よろしかったら御覧下さい(^^)


逆に考えると、

①噛まない生活→口内殺菌できない→消化が悪くなる→胃腸に負担がかかる

②噛まない生活→満腹感を感じない→食べすぎ→カロリーオーバーによる弊害

③噛まない生活→脳を刺激しない→歯が悪くなる→ますます噛まない→胃腸に負担がかかる 

※写真は小豆入り発芽玄米ごはんの写真です。昨年作りました(^^)

 人間の体は本当によくできていると思います。噛んで、唾液を分泌して悪いものを除去し&細かくして消化を助ける~素晴らしいシステムだと思います!(^^)


 実は私もここ一週間、この記事を書き出してから30回くらい噛むようになりました^^;

 

 いいと思ったことを挫折しても、また始める・・そんなことがとても大事だと思います(^^)


気楽に、楽しく、始めませんか?

 

 

宮崎の特産品通販サイト日南海岸黒潮市場HPはこちらです(^^)

 

(1) 今日はまず、発芽玄米のすぐれている所を個人的な意見として書きたいと思います。

 前記事の発芽玄米は、その登場の背景として

●玄米みたいに30回噛まなくても、ある程度は消化される(消化率のアップ)

●発芽により新たな栄養素=ギャバ(ガンマーアミノ酪酸)が増大する

●発芽により各種ミネラルの吸収率が高まる

 

 などがセールスポイントでした。


(^^)もっと詳しく御覧になりたい方はこちらを御覧下さい。

 

 

写真はうちでも販売している市販の発芽玄米(処理済)です。

 写真が過去のもので少し見にくいですが、わずかに胚芽部分がふくらんでいるのがわかるでしょうか?このふくらんでいる部分が発芽(芽が出た状態)という状態です。

 

 しかし、この処理済のものは、もはや生命力がありませんから、やはり生きてる玄米、それもできるだけ農薬を使っていないものを30度のぬるま湯(夏でも)で24時間、浸水させていただくことをおすすめします(^^)

 

 

 輸入された玄米や白米の中には、ついた虫が死んだり、カビの来ないものもあります。燻蒸(くんじょう)という強烈な殺虫作業がされているからです^^;

 

 

(2)毎日、玄米を洗うのが面倒くさい方、あるいは白米と混ぜて食べたい方へ

 写真は、昨年私が一人で食べている時のものです。

たとえば、一日2合食べる時は、6合洗います。

それを24時間おいた後、均等に分けます。

 

 

 一つは炊飯器ですぐに炊飯、残りの2つは密閉容器で冷蔵庫へ入れます。長くなる時は冷凍した方がいいです。

 

 倉崎さんによると、籾も玄米も、水中でも12時間は呼吸をするので、12時間以内に水を替えれば大丈夫と教わりました。

 

 (追加記事)京丹後のおやじさんのコメントによりますと、冷蔵庫だと温度が低いので発芽を始めた芽は休眠状態になるので1週間以上でもOKだそうです。水も替えなくていいから楽ですね(^^)

 おやじさん、早速のご指南、ありがとうございました!(*^_^*)

 

 

 京丹後のおやじさんは製氷皿を使われてました!(^_^)


 

 なるほどと思いました。お手軽で量さえ把握しておけばOKですね、さすがおやじさんです!(^_^)

 

 冬場は解凍してから浸水した白米と混ぜた方がいいかも知れませんけど(^^)

 

 まあ、自分で工夫して楽する方法を考えて下さい(^_^)

 

 

 

宮崎の特産品通販サイト日南海岸黒潮市場HPはこちらです(^^)

 前回の記事にたくさんのコメントをいただきました、本当にありがとうございました!(^_^)

その中から今日の記事のポイントになった部分(赤色)を・・

いつになったら食べれるんですかぁ、先生!(爆)うちにある玄米が腐ってしまわないうちにお願いしますよ~^^
~目をつむれば君(フルサワさん)がいる~♪よろしく哀愁~♪

 

おはようございます
うまければいいんだよね
まず、そこ!

おはようございます

>一般的に言われている玄米食の難点はおおよそ、3つあります。

実は、これらは全てメリットです。(^^)
出来ない理由を探すか、出来ることをニコニコいきいきワクワク
でするか
です。
無理にすると長続きしません。
玄米食(発芽玄米食)の良さが分かると変われます。(^^)

 

 (^_^)閲覧者参加型ブログですから(いつから?^^;)みなさんの意見を尊重して

 

今日の記事は予定を変更して

①消化のよい炊き方

②おいしい食べ方の工夫

ワクワクしながら食べる!

 

で行きます。まず

①消化のよい炊き方~玄米を24時間ぬるま湯に漬けておくと少し芽が出て発芽玄米になり、軟らかくなり、消化もよくなります。

 高い炊飯器は必要ありません。今あるもので十分です。

 私がコマーシャライザーを加藤先生から学んだ日に作った発芽玄米のCMを御覧下さい。

※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player

 

 

 

 

 ポイントは冬場はぬるま湯(28~30℃位)を使うこと、理由は発芽しやすい温度だからです。できれば12時間に一度は水(ぬるま湯)の入れ替えをして下さい。

 夏場は普通の水で結構ですが、8時間くらいで水を替えた方がベターです、玄米のえぐみが出て来るからです。12時間くらいで水を吸って玄米の表皮が白くなってきます。

 そして炊飯前にもう一度水を入れ替えて、自然塩を少し入れて(黒ゴマがあればそれも少し)炊飯スタート!もちろん予約炊飯OKです。

 できあがると、新米の頃は焼きトウモロコシの香りがします。それだけでもおいしく食べられます。

 

➁おいしい食べ方の工夫~炒めたり、雑炊にしたり、あるいは天ぷら?

 さらにおいしく食べたい方は、バターライスやガーリックライスでどうぞ!

 バターライス~フライパンにバターを入れて発芽玄米ごはんを入れるだけ!誰でもできます!(^_^)

  味付けは塩コショウでシンプルに・・・

 

 

 ガーリックライス~イタリアンのアーリオオーリオ(ニンニクとオリーブオイル)エ ぺペロンチーノは、パスタをアルデンテにゆでて、ザルに空けたりとか手間が必要ですが、こちらは発芽玄米ごはんを入れるだけ!超簡単です!

 ニンニクをスライス(私の手です)

 

 オリーブオイルをフライパンにひいて、ニンニクスライス(またはみじん切り)とお好みで種を抜いた鷹のつめを入れたら火をつけます。弱火でしばらくおいてニンニクの香りがしてきたら、発芽玄米ごはんを入れるだけ!

 上の2つは昨年、発芽玄米ごはんを食べ始めた頃によく作りました(もちろん私が)、とても簡単です。

ベーコンやキノコのスライスを入れる時は、事前に火を通しておいた方がおいしいです(^_^) 

 

③ワクワクしながら食べる~決して無理はしない、楽しむ

 決して義務的に食べなければならない!などと考えずに、食べたら身体にとってもいいんだから、どんな風に食べようかなあ~と、楽しく、前向きに考えることですね(^_^)

 私も刺身やカツオ丼の時は白米を好んで食べます。発芽玄米ごはんは一日一膳、食べられればいいなあ~という感じで続けています。

 我が家では3合炊きで別に炊いて、家内と2人で食べてます。要は楽しく食べる!時間に余裕がない時は無理しない!ですかね(^_^)

 これからは鍋のシーズンですから、最後の締めのオジヤに使うとおいしいでしょうね(^_^)

あと、天ぷらとかにも使えるかも知れません。試したら記事にしますね(^_^)

 

 

 明日は毎日洗わなくてもいい手抜き?の炊き方&白米と混ぜる方法&発芽玄米や咀嚼の長所を・・書けたら書きます^^;

 

 mu.choro狸さん、とりあえず玄米だけで食べてみて下さい!新米はおいしいはずです!

 おいしくなかったらうちにいいのがあります!(笑

 

 よろしく哀愁、いや・・・・よろしく実習!^^;

 ♬もう炊くのも~平気~♪よろしく~哀愁~♬♬^^;

 

 

宮崎の特産品通販サイト日南海岸黒潮市場HPはこちらです(^^)

>「30回以上噛めよ」(^_^)

 

   ドリフっすか?

 

 上記は私と同じアラフィーの伯爵様から11月15日にいただいたコメントです(^_^)


 感動しました!

 

 1970年代の大ヒット番組の「8時だよ!全員集合!」をもじったギャグです(^_^)


 伯爵様、本当にありがとうございました!(*^_^*)


 

 さて、玄米の話の続きです。なぜ玄米は噛まないといけないのか?

 

 一般的に言われている玄米食の難点はおおよそ、3つあります。

 

(1)咀嚼(そしゃく=噛むこと)を30回以上しないといけない=面倒くさい

 

(2)おいしくない、という人が多い=白米派(やわらかい食事に慣れている)

(3)炊飯が時間がかかる(=場合により、自分の分だけ別に作らなければならない)

 

 問題点(1)について

 

 まず、(1)の咀嚼30回以上は、本当です。なぜなら、硬い表皮(食物繊維)に包まれた玄米をよく噛まなかった場合、消化不良になり他の栄養素までも排出してしまうことがあります。

 

 玄米ダイエットで失敗する方は、この点を遵守しない場合が多いです。

 

 『ホームレス中学生』の中で、残された兄弟3人が、わずかなご飯を長時間、噛み続け、「味の向こう側」まで到達するという場面がありました。

 

 京丹後のおやじさんのコメントはまだシビアです(前記事のおやじさんのコメントを御覧下さい)

 

 

 ここで非常に大事なことをお話します(^_^)

 

 咀嚼するという行為は、実は人間の持つ様々な能力を最大限、引き出す効果があるんです。


 玄米食の素晴らしさは食してその栄養を享受するだけでなく、、咀嚼させることによる相乗効果にあります。

 

 玄米食 + 咀嚼行為 = 栄養補填、免疫力増大、脳の活性化、満腹中枢刺激によるダイエット効果(^_^)

 

 長くなるので続きは次回・・・

 

 

  

 

 

 mu.choro狸さん、玄米を食べる方法まで行けなかったです!^^;

 

 次回まで待って下さい!よろしく哀愁!いや、よろしくお願いします!(^_^)

 

 ♬あえない~じかんが~♪愛~そだてるのさ~♬♬

 

 

 

 宮崎の特産品通販サイト日南海岸黒潮市場HPはこちらです(^^)

「30回以上噛めよ」(^_^)


 前回の記事で私と玄米食の初めての出会いの話をしましたが、私の脳裏に鮮烈に残っている玄米食のイメージは上記の先輩ヒデさんが言われた言葉です。

 

 この言葉の意味は次回の記事に掲載します(^_^)

 そもそも、玄米の定義ですが、

 ①モミから籾殻をはがしたもので、精米してないもの。

②胚芽が生きており、まだ発芽できる。ビタミンやミネラル、食物繊維を豊富に含む。

 玄米が発芽する様子は、このブログにコメントをいただく京丹後のおやじさんのブログ記事を御覧下さい。

 詳細にそして画像をたくさん使って書かれてますので、とてもわかりやすいです。

 

 玄米と比較されるのが、白米ですね。

 この白米という字を組み合わせると、   米 + 白 =粕(かす) となります。

 かすはカスです。まあ、くじのスカじゃないですけど、栄養がほとんど残っていないという意味です。

 実際、玄米と白米では、その栄養素は天と地ほどの違いがあります。玄米は「生きている米」で白米は「死んだ米」という言い方もできます。

 

 白米は江戸時代の大奥から始まったという説があります。高カロリーの食事の上、食物繊維やミネラルを豊富に含む玄米食を白米食に替えた為、脚気などの病気が増えたという説があります。


 玄米にはビタミンB1.B2、Eカリウム、鉄、亜鉛、銅、マグネシウムなどのミネラルやリノール酸、そして腸内の掃除をしてくれる食物繊維が豊富に含まれています。

 

 玄米(米)は他の小麦などの穀物に比べて、人間に最も合った穀物だと書かれている方もいらっしゃいます。

 

 白米の代表料理といえば、江戸前握りずしが浮かびますが、1824年頃には作られていたような文献があるみたいです。

 アクの強い玄米よりも淡白な旨みと香りがいい白米の方が魚の味を引き立たせるには向いていたんでしょうね(^_^)


 その1824年に生まれたのが、昨年「篤姫」で脚光を浴びた13代将軍徳川家定です。

   
家定は34歳で死去していますが、その死因として

①世継ぎ問題に絡む毒殺説

②持病の脚気の悪化

などが挙げられていますが、贅沢病といわれる脚気に病んでいた家定公はおそらく白米のみを食べていた可能性が高いですね(^_^)

 


 次回は、なぜ玄米は30回以上噛まなければならないのか、という理由と、最近脚光を浴びている発芽玄米についてです。

 

 

 

 

 

 

 

今日はギャグ無しでお送りしました(^^)

 

 

 宮崎の特産品通販サイト日南海岸黒潮市場HPはこちらです(^^)

♬東京へは~もうー何度も~行きましたね~♪ きみの住む~なつかし~みやこ~♫

 

 1974年のヒット曲、マイペースの「東京」です。


 私は歌いませんが、同級生が好きなのがいて、仕方なく盛り上げます(笑


 カラオケはギブ&テイクが原則ですから(笑


 枕が長くなりました。

 

 今日から玄米の話をと思いましたが、今日の溶射屋さん(すみません、頻繁にお名前を出して^^;)と同じく、明日がまたまた早いために時間がないので・・

 

 

■プロローグ(玄米食初体験~急上昇逆噴射東京編)です!

 

 私と玄米食の出会いは、東京で過ごした貧乏な大学生の時でした。

 

 同級生のお兄さん(=ヒデさん)に東京で初めて会いました。

 

 「久しぶりやなあ~、いい所に連れて行ってやるよ」と笑顔で言われて、私はもう一人の同級生と顔を合わせて、「ひょっとして焼肉?」と大期待!

 

 ヒデさんに我々2人が連れて行かれた店は、初めて見る自然食のお店。ヨガをやっていたというヒデさんは、ちょうど自然食にはまっていたんでしょう。

 

 出された食事は、玄米ごはん、味噌汁、おつけもの、だけだったような気がします。

 

 焼肉を期待していた私と連れは、唖然としましたが、そこへヒデさんが一言(^_^;)

 

 

 「30回以上噛めよ」(^_^)

 

 

 我々はヒデさんの言葉を忠実に守り、一膳の玄米御飯をゆっくり、ゆっくり噛み締めていただきました。おそらく一生の中で、一番食事時間が長く感じられた食事だったような気がします(笑

 

 約小1時間後、店を出て、出口でヒデさんにお礼を言って別れました。

 

 焼肉への期待でテンションが上がっていた我々にとっては、まるで上昇中の飛行機のエンジンが逆噴射を起こし、奈落の底へ落ちていったかのような出来事でした^^;

 

 ヒデさんと別れた我々が、一目散に当時から24時間営業だった「吉野家」へかけこみ、むさぼるように牛丼を食べたのは、育ち盛りの大学生にとって当然と言えば当然のことでした。

 

 

 

 

 

 

 

 多分、5回も噛まなかったと思います(笑

 

 

 

 

 

 「ヒデさん、ひっで~よなあ!」

 

 

 

 

 

 な~んてオヤジギャグは飛ばしませんでしたよ、まだ若者でしたから(*^_^*)

 

それが忘れもしない私と玄米食の初めての出会いでした。長くなりました、続きはまた次回。

 

 

 京丹後のおやじさん、すみません!また次回よろしくお願いします!(^_^;)

 

 

宮崎の特産品通販サイト日南海岸黒潮市場HPはこちらです(^^)

宮崎県南の観光情報サイト

宮崎県南観光ポータルサイト「いっちゃがネット」

 日南海岸黒潮市場HP
日南海岸黒潮市場HP

日南海岸黒潮市場店長古澤

日南海岸黒潮市場店長の
古澤幸弘(51歳)です。

宮崎県、特に日南市の
海の幸、山の幸を
全国へお届けします。

お問い合わせは
次の電話番号(FAX)、
メールにてお気軽にどうぞ。 

〒887-0005 
宮崎県日南市材木町1番地
℡0987-31-0510

 

最近のコメント

DSC_0182.jpg
DSC_0055.jpg
DSC_0058.jpg

 

Powered by Movable Type 4.22-ja