玄米の話~白米との違いと長所(故郷再発見宮崎編)

「30回以上噛めよ」(^_^)


 前回の記事で私と玄米食の初めての出会いの話をしましたが、私の脳裏に鮮烈に残っている玄米食のイメージは上記の先輩ヒデさんが言われた言葉です。

 

 この言葉の意味は次回の記事に掲載します(^_^)

 そもそも、玄米の定義ですが、

 ①モミから籾殻をはがしたもので、精米してないもの。

②胚芽が生きており、まだ発芽できる。ビタミンやミネラル、食物繊維を豊富に含む。

 玄米が発芽する様子は、このブログにコメントをいただく京丹後のおやじさんのブログ記事を御覧下さい。

 詳細にそして画像をたくさん使って書かれてますので、とてもわかりやすいです。

 

 玄米と比較されるのが、白米ですね。

 この白米という字を組み合わせると、   米 + 白 =粕(かす) となります。

 かすはカスです。まあ、くじのスカじゃないですけど、栄養がほとんど残っていないという意味です。

 実際、玄米と白米では、その栄養素は天と地ほどの違いがあります。玄米は「生きている米」で白米は「死んだ米」という言い方もできます。

 

 白米は江戸時代の大奥から始まったという説があります。高カロリーの食事の上、食物繊維やミネラルを豊富に含む玄米食を白米食に替えた為、脚気などの病気が増えたという説があります。


 玄米にはビタミンB1.B2、Eカリウム、鉄、亜鉛、銅、マグネシウムなどのミネラルやリノール酸、そして腸内の掃除をしてくれる食物繊維が豊富に含まれています。

 

 玄米(米)は他の小麦などの穀物に比べて、人間に最も合った穀物だと書かれている方もいらっしゃいます。

 

 白米の代表料理といえば、江戸前握りずしが浮かびますが、1824年頃には作られていたような文献があるみたいです。

 アクの強い玄米よりも淡白な旨みと香りがいい白米の方が魚の味を引き立たせるには向いていたんでしょうね(^_^)


 その1824年に生まれたのが、昨年「篤姫」で脚光を浴びた13代将軍徳川家定です。

   
家定は34歳で死去していますが、その死因として

①世継ぎ問題に絡む毒殺説

②持病の脚気の悪化

などが挙げられていますが、贅沢病といわれる脚気に病んでいた家定公はおそらく白米のみを食べていた可能性が高いですね(^_^)

 


 次回は、なぜ玄米は30回以上噛まなければならないのか、という理由と、最近脚光を浴びている発芽玄米についてです。

 

 

 

 

 

 

 

今日はギャグ無しでお送りしました(^^)

 

 

 宮崎の特産品通販サイト日南海岸黒潮市場HPはこちらです(^^)

コメント(10)

おはようございます

>玄米は「生きている米」で白米は「死んだ米」という言い方もできます
 今日のブログを読んでいると納得します

また、粕(かす)の感じの成り立ちに驚きです
確かに米+白=粕です
玄米の良さ・素晴らしさを見つめ直さなければと思います

明日も楽しみにしています!!
 

おはようございます

度々ご採用いただきありがとうございます。(^^)

戦後脚気が見られました。
白米と食糧不足のためでしたが、玄米食していれば
だいぶ防げたと思います。(^^)

おはようございます
>今日はギャグ無しでお送りしました
 一番の強みを封印したのですね

今、新米の玄米をもらって精米しながら食べてるけど、白米と混ぜて焚いてみようかと思いました。今晩やってみます!
確かに栄養は違いますよねぇ、さてどんな味になるかなぁ。

日南海岸黒潮市場フルサワさん

おはようございます。

>この白米という字を組み合わせると、米 + 白 =粕(かす)となります。

なるほどねぇ・・・

>かすはカスです。まあ、くじのスカじゃないですけど、栄養がほとんど残っていないという意味です。

カスをおいしいおいしいと食べている訳ですね^^;

>実際、玄米と白米では、その栄養素は天と地ほどの違いがあります。玄米は「生きている米」で白米は「死んだ米」という言い方もできます。

そんなにも違うんですね・・・・ビックリです。

昨日白米と玄米を一緒に炊いたのですが見事に失敗してしまいました^^;

吉野さん、こんにちは!
コメントありがとうございました!

>また、粕(かす)の漢字の成り立ちに驚きです
確かに米+白=粕です
>玄米の良さ・素晴らしさを見つめ直さなければと思います

吉野さんもチャレンジされますか?(^^)

京丹後のおやじさん、こんにちは!
コメントありがとうございました!

>度々ご採用いただきありがとうございます。(^^)

こちらこそたいへん参考になります、ありがとうございます!(^^)

>戦後脚気が見られました。白米と食糧不足のためでしたが玄米食していればだいぶ防げたと思います。(^^)

なるほど、栄養失調でもなるんですね!

玄米は栄養満点ですからね(*^_^*)

伯爵様、こんにちは!
コメントありがとうございました!

>一番の強みを封印したのですね

吉野さんのブログみたいに正統派のブログを・・


やっぱ無理ですね^^;(爆笑

mu.choro狸さん、こんにちは!
コメントありがとうございました!

>今、新米の玄米をもらって精米しながら食べてるけど、白米と混ぜて焚いてみようかと思いました。今晩やってみます!
>確かに栄養は違いますよねぇ、さてどんな味になるかなぁ。

あわててお伺いしました!ちょっと待って下さい!

今日の記事を読んでから試して下さい^^;

あっ、昨日の記事の方が面白いからよろしく哀愁です(*^_^*)

溶射屋さん、こんにちは!
コメントありがとうございました!

>カスをおいしいおいしいと食べている訳ですね^^;

そおうですね、でも私も丼モノとかは白米で食べます。その方がおいしいですから・・

>>実際、玄米と白米では、その栄養素は天と地ほどの違いがあります。玄米は「生きている米」で白米は「死んだ米」という言い方もできます。
>そんなにも違うんですね・・・・ビックリです。

栄養素は確かに違います、発芽玄米にすればなおさらです(*^_^*)

>昨日白米と玄米を一緒に炊いたのですが見事に失敗してしまいました^^;

私は京丹後のおやじさん所でのお二人のやり取りに注目してます。

ありがとうございます!(^<^)

宮崎県南の観光情報サイト

宮崎県南観光ポータルサイト「いっちゃがネット」

 日南海岸黒潮市場HP
日南海岸黒潮市場HP

日南海岸黒潮市場店長古澤

日南海岸黒潮市場店長の
古澤幸弘(51歳)です。

宮崎県、特に日南市の
海の幸、山の幸を
全国へお届けします。

お問い合わせは
次の電話番号(FAX)、
メールにてお気軽にどうぞ。 

〒887-0005 
宮崎県日南市材木町1番地
℡0987-31-0510

 

最近のコメント

DSC_0182.jpg
DSC_0055.jpg
DSC_0058.jpg

 

Powered by Movable Type 4.22-ja