日南生にんにく販売中止の理由と今後について^^;

 みなさん、こんばんは! 
 
 

日南生にんにく販売中止の理由について書きたいと思います^^

(1)栽培方法を変えたこと

 昨年収穫した500個はおととしの11月3日に100個分植えてもらい、昨年4月13日に収穫しました。我流でやりましたので、倉崎さんのキャリアと勘で栽培し見事に大収穫!(写真下2枚)

 この時はニンニクの芽は摘まず、大きさを見て収穫しました。3月末から4月の収穫に向けて好天も続きましたが・・・

 

 今年は大分研修のマニュアルにしたがって、ニンニクの芽を5/8~12に摘んだ後、2週間置きました。

 

 この間に雨が多く、茎の劣化と水はけの悪さで一部に根腐れが発生しました。

 

 マニュアルではなく、現状(天候、気温、現物&土壌状態)に合った栽培方法をしなければならないことを痛感しました^^;

 

 今日は栽培方法について倉崎さん親子と徹底して検証しました。

 

 植え方、管理方法、収穫時期など今年の植え込みに向けて確信を持ちました。天候に左右されず、いいものを作るために・・・

 

 今年も収穫時期を誤らなければ、いいものがいっぱいできていたのです。私の反省点が次の点です。

 

(2)栽培管理の緻密さの必要性

私がニンニク畑に足を運んだ3月26日、2人で検証した記事(3月28日)の写真です。

『先日、倉崎さんところへ苗をいただきに行った時の(第2)にんにく畑 の様子です。

 

 倉崎さんがちょう どみえて、トゥ(芽)がまだ出ないと言われて、

 

「一本、抜いてみるか?」ということになりました^^

 少しまだ小ぶりです ね^^;

 4月中旬以降になりそうです・・・・完熟マンゴーといっしょになりますね^^;
 

 母の日ギフトにはちょっと?ですね(笑』

 

 このように3月26日まではしっかり2人で検証(掘り起こして実の太り具合を見ること)していました。

 

 

 その後、私は本業と母の日ギフトのHP作りに没頭、倉崎さんは天候不順により高騰した本業のきゅうりの収穫と、10ヘクタールの水田の管理(低温と多雨による苗の補充等)に追われ、2人で4月に検証したことはありませんでした。

 

 これが結果的に命取りになりました。私は母の日までマンゴーに追われ、連休明けに畑を見ました。

~写真は5月6日(雨)かなり芽が出ています。この時は芽を確認しただけで、実の太り具合は見ませんでした。

下の写真は3月26日

 それまで電話で倉崎さんと話して、芽を出来る範囲で摘んでいると聞いていましたので油断していました。油断が一番いけません。

 

 このニンニクは経費はすべて日南海岸黒潮市場が負担し、栽培管理を倉崎さんにお願いしている、いわば共同作業なんですが、倉崎さんも私に対して若干の遠慮があったみたいです。忙しくて手が回らなかったのです。

 

 完全な芽の摘み遅れと収穫遅れ+4月の記録的な多雨による土壌の多湿化

 

 そして連休の気温急上昇によるマルチ栽培の負の部分(湿気を持った土壌がマルチにより水分が発散できずむれてしまうこと)と雑草の繁殖が重なりました。

 

 4月に検証していれば、芽が出たばかりでも連休中に収穫をしていればかなりの豊作でした。

 

(3)寒地栽培と暖地栽培の違い

 今回、致命的だったことがもう一つあります。

 ニンニクの芽を収穫して2週間置くという寒地栽培の慣習を遵守した点です。

 

 気温が高い宮崎では、芽を摘んだ後に急激に茎が枯れました。

その結果、肝心の収穫に大きなマイナスを生みました。

 ニンニクを引けなくなったのです(写真上はいい部分)。茎が枯れて途中で切れてしまい、肝心の実の部分が地中に残ってしまい、掘り起こしにすごい手間がかかるのです。

 

 100本の茎を引き抜く場合、昨年が抜くだけであれば、3分(抜くだけなら1秒/1本)で抜けたのが、今年は1個に10~30秒、100個で15~45分以上かかる結果になりました。

 

 しかし、今年でも抜きやすい所を調べた結果、決定的な栽培方法を再確認できました。来年の豊作に確信を持てた点はよかったです。

 水はけが悪いところは多くの実をそのまま地中に残し、規模は違うのですが、育てた牛や豚を殺処分して埋めなければならない畜産農家のみなさんの気持ちが、爪のアカの1000分の1くらいはわかりました。

 

 農業は生き物を育てる仕事ですから、油断がならないことを痛感しました。

 

 倉崎さんと『栽培・収穫の簡略化のための独自マニュアル作成』を行い、来年こそは、とてもジューシーでフレッシュな生ニンニクを皆様にお届けしたいと思います!^^

 

 生き残りのニンニクは醤油漬けの加工食品として試験的に作ります。今日はその準備もしていました。完成したらまたブログでお知らせします^^

 

 誕生日プレゼント工場さんから「わけあり」で出せないのですか?という質問をいただきましたが、収穫時期を逃し、りんペンから2次成長で芽が出ているのもあり、完全な規格外が多いので今年はやめておきます。

 

 おかげさまでニンニクを家族で毎日食べても3年くらいは十分大丈夫です^我が家は家内が料理で毎日のように国産ニンニクを使いますのでその分でも種子代は出るんです^^

 

ありがとうございます!感謝します(^^)

 

 

 

 それでは今日もこのお願いを書いてお別れです!

 
 現 在、全国トップニュースになった宮崎県口蹄疫感染問題ですが、いろいろな誤解もありますので、正しい情報だけをお伝え したいと思います。

(1)口蹄疫ウイルスは人間には感染しません
(2)
現在、感染収束のために 行政&関係者が全力を尽くしています。
(3)ここ数日、宮崎の農産物を拒否するような風評被害が起こってます。

 全国のみなさまへ お伝えします。事実を知っていただいて、宮崎県の農産物を買っていただくとありがたいです。

(1) 口蹄疫にかかった家畜の肉や牛乳は市場に出回りません
(2)万が一、摂取しても人体に影響はありません
(3) 市場に出回っている宮崎県産牛肉、豚肉は高品質のままです。

 もち ろん、
鶏肉や 野菜・果実等その他の農 産物にも全く影響はありません。  

  ですから、逆に宮崎県産の牛肉や豚肉、その他の農産物を買っていただけないでしょうか?  

みなさんが500円でも、千円でも、宮崎のお肉を買っていただくことが、宮崎の畜産農家のみなさんへの何よりの力(励み)になるからです  


さらに宮崎の農産物を積極的に買っていただくことは、間接的に宮崎農業の応援(下支え)をして下さることにつながります。
  


ニュースでは感染防止のための消毒作業の風景のみが映され、上記のお願いのようなことは一切放映されません。

周り の 方へも伝えて下さい、よろしくお願いいたします!

 義捐金のサイトを掲載しますが、もちろん任意です。

※宮崎県庁ホームページにあります公的な義捐金についての振込先口座一覧その他詳細はこちらをクリックして下さい。



最後まで 読んでいただき、ありがとうございました!


ご協力いただける方はよろしくお願いいたします。

コメント(9)

こんばんは

良く観察、記録されていて感心します。

京丹後のおやじの来年に向けてのポイントは
1.日南の気候に適した品種を選ぶことが大前提。
2.種は病虫害のないいいものを入手すること。
3.栽培の基本は昔も今も変わらないので、ニンニクの生育に適した温度と適した土壌条件をしっかりおさえて。

あとは、その年の天候と生育の状況を見ながら管理します。(^^)

おはようございます。

読みながら、パールバックの「大地」を思い出しました。
マニュアルじゃあないんですよね、農業は。自然を相手の
お仕事は大変ですね。その時その時で違いますものね。
でも、さすがです、ちゃんと検証して明るい方向を目指していますから。
醤油漬けのにんにくも美味しそうです。酢漬けとか、オリーブオイルにも漬けられますね。

おはようございます フルサワさん

昨日の溶射屋さんの記事を思い起こしています
来年、リベンジですね

日南海岸黒潮市場のフルサワ様
おはようございます
やはり生き物相手ですとこのような事があるのですね。
農業のむずかしさがびんびん伝わってきました。
う~ん食べれないと思うと無性に食べたくなる、この人間のわがままさ自分に見ました(^^♪

こんにちは
結構、ヤハリ農業は大変ですね
選択と集中ビジネスと同じですね
でも、あいても生き物難しい

こんにちは。
残念です。ここまで育てた苦労を思うとやり切れませんね。
農業の難しさがすごく伝わりました。
来年こそはいいニンニクを期待してます^^

日南海岸黒潮市場フルサワ様、こんにちは

農業は天候の影響を受けるので難しいですね
地域・土地ごとに栽培方法も変わってくるのですね
しっかり検証をして来年の豊作への期待が膨らみます
にんにく料理のレシピも増えそうですね♪
しょうゆ漬の記事も楽しみにしています(^-^)

こんにちは。
大変なご苦労がうかがえます。
そしてこれを検証し、次へつなげる姿勢に関心しました。
こういう努力が美味しいにんにくを育てるんでしょうね^^
毎日にんにく食べていらっしゃるんですね!
良いですね~!私にんにく大好きなんです!!

明日の日曜日は、梅ちぎりと畑の手入れです。
梅は今年は裏作、畑はあっという間に雑草が・・・ほんと農作業はしんどいです。

宮崎県南の観光情報サイト

宮崎県南観光ポータルサイト「いっちゃがネット」

 日南海岸黒潮市場HP
日南海岸黒潮市場HP

日南海岸黒潮市場店長古澤

日南海岸黒潮市場店長の
古澤幸弘(51歳)です。

宮崎県、特に日南市の
海の幸、山の幸を
全国へお届けします。

お問い合わせは
次の電話番号(FAX)、
メールにてお気軽にどうぞ。 

〒887-0005 
宮崎県日南市材木町1番地
℡0987-31-0510

 

最近のコメント

DSC_0182.jpg
DSC_0055.jpg
DSC_0058.jpg

 

Powered by Movable Type 4.22-ja