宮崎県も関係おおあり~TPP問題その2

 みなさん、こんばんは!

 

今日は日曜日ですが、ちょっと硬い記事です^^

 

お疲れの方はスルーして下さい^^

 

昨日までにこんな記事がありました。

 

 農地法改正が必要=TPP対応で、所得補償見直しも-経団連会長

 日本経団連の米倉弘昌会長が17日、国内農業の改革について「生産性を上げるために、農地の集積が重要だし、担い手育成のために参入要件の緩和も必要になってくる」と 講演で話し、農家の規模拡大や企業、農業生産法人の参入を通じた効率化のため、農地法を改正すべきという考えを示しました。
   さらに米倉会長は、民主党の農業政策の柱である戸別所得補償制度に関して「(小規模農家が)補償が欲しいために、貸していた農地を『貸しはがし』ていると ころがある」と述べ、大規模化の妨げになっていると指摘したそうです。 
詳しくはこちらを・・・

 

戸別補償「規模加算」導入へ=来年度予算案で検討―鹿野農水相

 鹿野道彦農林水産相は19日、農業の戸別所得補償制度に関し、来年度の概算要求一部見直しを明らかにした。農家が耕作面積などを拡大する と交付金を上積みする「規模加算」や、品質に応じた「品質加算」を検討するということです。 詳しくはこちらを・・・・

 

(1)TPPへ参加した場合

TPPへの参加をめぐって、各県の農業団体などから強い反対の声が上がっています。

関税撤廃はもちろん、輸入品の検閲基準の簡素化もこの協定には入ってきます。

現在のままでは国内農業のほとんどは壊滅的な状況になり、食糧自給率は大幅に下がるでしょう。

食糧を持たないということは、これから予想されるエネルギー、食糧争奪戦で劣勢になることは明らかです。

 

(2)TPPへ参加しなかった場合

TPPへ参加しなかった場合、特にアメリカへの輸出で不利になり、製造業は急速にTPP参加地域(ベトナム、マレーシア等)に生産拠点を移すことは明らかで、国内産業の空洞化に拍車がかかることは間違いなく、税収が大幅に落ち込み、景気の悪化も避けられないでしょう。

 

つまり、どっちに転んでも今のままでは終わらない、ということですね^^;


さきほどNHKドラマ「龍馬伝」で徳川慶喜が大政奉還を決意する場面が出ましたが、このTPPは最近の政治決断でも最も困難な大仕事です。実際は、誰かがやめる、やめないでずーっともめてますが・・・・^^;


 

 冒頭の2つのニュースは、規模拡大と品質重視の専業農家育成優先の政策実行や、新規生産法人の参入の簡略化などがその内容です。


 

つまり政府も競争力のある農家の育成に遅ればせながら動き始めたわけです。TPP参加で、日本農業の保護育成も行なうのであれば、巨額の税金も必要になり、それを国民に説明する必要もあります。

 

 

 韓国などは国策として、早くから日本をターゲットにしたパプリカの生産などを行なっています。逆に日本としては、これから巨大なマーケットとして注目される中国をターゲットにした農産物の生産なども考えていかないと思います。例えばキーワードは高品質、低農薬とか・・・




霞ヶ関で考えるだけでなく、ネットなどを使って、いろいろな意見を集めることも大事なのではないでしょうか?平成の坂本龍馬が現れることを願ってやみません・・・・



 

 ・・・・・



 

ちょっと今日の「龍馬伝」の影響があるかも?^^;

 

 

 

 

 

 それではまた明日・・・・

 

 

御歳暮予約承り中です。

 

コメント(7)

こんばんは

>さらに米倉会長は、民主党の農業政策の柱である戸別所得補償制度に関して「(小規模農家が)補償が欲しいために、貸していた農地を『貸しはがし』ていると ころがある」と述べ、大規模化の妨げになっていると指摘したそうです。


京丹後では今年の低米価を機に廃農される農家や
定年後に本格的に農業を目指していた方が
計画変更されるなどで、貸しはがしは存在しません。
規模拡大を目指す農家も機械・施設能力の限界に来ている農家が多く
米は採算が合わないので機械・設備の増強はできません。
それ以上に規模拡大や営農のネックはイノシシ、シカ、サル、クマの獣害対策で大型農家ほど深刻です。
経団連のオフィスからはそのような農村の現状は想像できないでしょう。(^^;

>逆に日本としては、これから巨大なマーケットとして注目される中国をターゲットにした農産物の生産なども考えていかないと思います。


私は、今の中国は信用できません。
輸出入規制は簡単に行うお国柄ですから。(^^;


私は、自分と自分の家族と本物の価値(19世紀の味)が
共有できる方々を対象に自給率を高める農業を広めていきます。
一歩一歩(^^)

京丹後のおやじさん、こんばんは!

貴重な御意見、ありがとうございました!

私の周りでは採算割れの兼業農家の方が多く、専業の方の話を聞くと、集約化をした方がいいのかなあ、と思いました。

>経団連のオフィスからはそのような農村の現状は想像できないでしょう。(^^;

もちろんです!そして霞ヶ関のみなさんも獣害被害など、現場のことはほとんど理解できないと思います。

一刻も早く、さまざまな意見を求める農業者参加の検討委員会みたいなものを立ち上げ、具体的に方法を模索していかないと間に合わないと思います。

私なども立場的には大反対ですが、自分の立場だけからものを言っていたら、何の解決にもならないと思います。

とにかく、早く政府に動いて欲しいですね!

ありがとうございました!(^=^)

日南海岸黒潮市場フルサワさん

おはようございます。

>さきほどNHKドラマ「龍馬伝」で徳川慶喜が大政奉還を決意する場面が出ましたが、このTPPは最近の政治決断でも最も困難な大仕事です。実際は、誰かがやめる、やめないでずーっともめてますが・・・・^^;

日本も歴史的な変革が必要な時かも知れないですね。

高くても世界が認める農業・・日本にはとても追いつくことができないような健康に良くて品質の良い作物を作っていかないといけない時代になってきたのでしょうか・・。

徳川慶喜さんは静岡市内と縁があるんですよ(*^_^*)

おはようございます。

>キーワードは高品質、低農薬とか・・・
  これ、良いなあと思いました。
  日本の物を買ってくれる人が、日本のものなら
  大丈夫と、定着出来るといいですね。
   

こんにちは♪
どちらに転んでもマイナスな面ばかりのように感じます
でも、ここで鎖国のようなことをしても・・・
どうなのでしょう。
私も、もっと自分自身の意見を持たないといけないですね

こんばんは〜

TPP・・・難しい局面にきてますね。
安全性が担保できない食料が入ってくるのは
私としては非常に不安です!
つまり、日本の農産物と海外のモノでは
品質が異なるのに一緒にされちゃう・・・

日本の製品がいかに安全かをアピールして
高くても売れるマーケットを開拓していくのが
いいのかもしれません。

おはようございます
>つまり、どっちに転んでも今のままでは終わらない、ということですね
そういうことですよね

しかし、大政奉還とTPPを比較されるあたりスルドイですねーーーー!
私は、昨日様々な会議や会合が続いたのですが、早速このネタ使わせていただきました!
龍馬伝放送の翌日という事もあってタイムリーでしたね
龍馬が「ニッポンの夜明けぜよーー」
と叫んで、新たな仕組も必要だと言ってましたね
この状況と現代の状況は極めて似ているわけで、この激動の時代に生まれてきて、身震いが止まらないぜよ!
今後後世に語り継がれる偉業を成し遂げるチャンスが到来したぜよ~~っ!
もう、今からでも突っ走るしかないぜよ!
(ぜよ!が続きました・・・)
といった、内容の話をさせていただきました
ホント助かりました!
ありがとうございます
自分もしゃべりながら燃えてきましたよ

宮崎県南の観光情報サイト

宮崎県南観光ポータルサイト「いっちゃがネット」

 日南海岸黒潮市場HP
日南海岸黒潮市場HP

日南海岸黒潮市場店長古澤

日南海岸黒潮市場店長の
古澤幸弘(51歳)です。

宮崎県、特に日南市の
海の幸、山の幸を
全国へお届けします。

お問い合わせは
次の電話番号(FAX)、
メールにてお気軽にどうぞ。 

〒887-0005 
宮崎県日南市材木町1番地
℡0987-31-0510

 

最近のコメント

DSC_0182.jpg
DSC_0055.jpg
DSC_0058.jpg

 

Powered by Movable Type 4.22-ja